【苫小牧港開発グループ】メイプル建設株式会社 MAPLE HOME SINCE1988 安心・洗練・快適をコンセプトに苫小牧近郊の不動産・住宅の事ならお任せ下さい。

基礎断熱工法

 

北海道の四季を快適に過ごす断熱工法。省エネルギー効果・室温安定に効果的です。

北海道の四季を快適に過ごす断熱工法。省エネルギー効果・室温安定に効果的です。

一般的な基礎そこで、注目されたのが基礎断熱です。

基礎断熱工法とは

基礎断熱は床に断熱材を施工せず、建物の外周に面した基礎の立ち上がりに板状の断熱材を施工し、
床下換気口や基礎パッキン工法を設けない断熱工法です。

イメージ

「基礎断熱工法」は、床断熱に替わる断熱技術として諸外国で生まれ、寒冷地の北海道で一般の床下を持つ住宅への試行・検証がなされ、寒冷地の汎用技術として確立されてきました。 床断熱と大きく異なる点は、基礎に断熱区画を設けるという点です。つまり、基礎より内側を室内側と考えるということです。

床下の空気の流れ

イメージ

基礎断熱の場合、土台と基礎天端の気密化を図り、室内と床下を通気できる様にします。床下空間と室内の空気を同質にし、床下の空気を攪拌して除湿しなければ、床下の結露は防止できません。

そのため、床下に機械式強制排気設備を設置し、室内の空気を床下経由で屋外に排出しています。

自然エネルギー利用

冬の日差しは家の中まで入ってきます。床に伝わった太陽エネルギーは床下に伝わり、基礎コンクリートに蓄熱されます。蓄えられた熱は夜間に「放熱」され、床下から家の中が暖められます。

イメージ

また、地面の温度は1年を通じてほぼ一定に保たれています。この地面の温度が、基礎を伝わって床下空間に伝わると、夏涼しく、冬暖かい空間が生まれます。ただし北海道の場合、冬場の床下の熱を奪われないようにする対策として、防湿コンクリート下全面に断熱材を敷いて、低温の地下水の影響を少なくする必要があります。

基礎断熱工法のメリット

基礎と土間のコンクリートは室温や地熱の蓄熱層として使えるので、省エネルギー効果と室温の安定に効果があります。そのため、基礎内断熱より基礎外断熱の方が熱容量の大きい蓄熱層をつくることができ、有利と考えられます。
夏は外気より低い温度の地熱により、床はヒンヤリ感があり、冬は蓄熱のため暖かくなります。床下空間は室内環境に近いため、冬期、床面の冷たさが和らぐ効果があります。
ほかに、基礎と土間コンクリートの蓄熱効果により配管凍結の恐れがなく、床下が密閉されるので、虫などの侵入を防止できます。また、基礎外断熱は外側に断熱材があるため、コンクリートの温度変動が少なく、ヒビ割れ(クラック)が少なくなり、中性化も防ぐことができます。基礎断熱工法は多くのメリットのある工法です。

ページの先頭へ